journal


Daily thoughts, dialogue with friends and more…

journal_02_01

映画監督の森大樹さんに「オクターヴ」のプロダクツを送ったところ、報告がてらにとこんなメールが届いた。

森です。
ストラップとトート届きました。
結構しっかりした作りですね。
デジカメよりもフィルムカメラの方が似合いそうです。
久しぶりに古いカメラを引っ張りだしました。

続きを読む

journal01_1

そのなりたち上、写真は四角くふちどられた、一瞬の世界しか写しだすことができない。その前後に何が起きたのか、まわりに何があるのか、写真を見る者は知る由もない。けれど写真は、それを想像できるたのしみがある。
「その人は建物とか内装だけでなく、料理も撮るんですけど、おいしそうに撮るというより、ひとつの景色に見える撮り方ができるんです」今度一緒に仕事をするという、アメリカ人フォトグラファーの話をしてくれたのは「ランドスケーププロダクツ」代表の中原慎一郎さん。
「大切なのは、写真の中に世界観があること。そのものをただ撮るというより、まわりの背景や色を意識して。そこにものがあること自体が、ランドスケープとして見えるように」。

続きを読む