journal


Daily thoughts, dialogue with friends and more…

2013.08.08 | Voice

僕らが関わることで、できるだけいい景色になるように。

journal01_1

そのなりたち上、写真は四角くふちどられた、一瞬の世界しか写しだすことができない。その前後に何が起きたのか、まわりに何があるのか、写真を見る者は知る由もない。けれど写真は、それを想像できるたのしみがある。
「その人は建物とか内装だけでなく、料理も撮るんですけど、おいしそうに撮るというより、ひとつの景色に見える撮り方ができるんです」今度一緒に仕事をするという、アメリカ人フォトグラファーの話をしてくれたのは「ランドスケーププロダクツ」代表の中原慎一郎さん。
「大切なのは、写真の中に世界観があること。そのものをただ撮るというより、まわりの背景や色を意識して。そこにものがあること自体が、ランドスケープとして見えるように」。

journal01_2

journal01_3

店舗や住宅などの空間デザインや施工、家具やプロダクツなどの制作を手がける中原さんは、自分たちが手がけた作品の撮影を依頼することも多い。「作品といっても、“誰かが使うための何か”をデザインするという感覚に近いかな。だから物件写真にしても、あくまでも自分たちが設計したものが主役ではなく、使い手が現れるようなものにしたい。引っ越し前のキレイなままのものよりも、引っ越しした後の、その人が入っている感じだったり」
また近ごろ、故郷である鹿児島の地域コミュニティを創るプロジェクトも手がけている。ものから空間、そして町へ。氏の生み出す世界は、確実に広がっている。

「生み出すというよりも、極力自然に…僕らは景色を作る会社なので。僕らがプロジェクトに関わることによって、できるだけいい景色になるように」
「オクターヴ」のレザーストラップを、北海道の馬具メーカーと一緒に作っている話をした流れで、先日、テキサスで馬具作りの職人と会ってきた話をしてくれた中原さん。そこでカウボーイハットの工房を訪れ、頭の型から細部に至るまで、丁寧に“その人のための帽子”を誂える作業を目にしたことで、自身のもの作りにおける考えを再確認したという。「それって時間もお金もかかるんですけど、カウボーイにとっては、その帽子を注文することが、まるでひとつの儀式のような気もして。スイッチが入る道具としての大切さを感じましたね」
そして今は、テキスタイルやリネンを扱う人たちと一緒にベッドを作っている。「ただ『寝る』という行為にしても、短時間なのか長時間なのかで違うので、それぞれのシーンに合わせて、試作を繰り返しています。製品にするのはだいぶ時間がかかってしまうと思いますけど、部屋の風景を作るひとつの象徴となるベッドができたらいいなと」

journal01_4

中原さんとの対話の中でいつも至るのは、家具しかり、雑貨しかり、ものづくりにおいて大切なのは、バランス感覚だということ。使われる素材そのものの質はもちろん、機能や用途に応じて、細部に加工や処理をいかに施すか。製品としての寿命を伸ばし、価値を上げるために、生かす部分と、加工する部分のバランス。それを素材から読みとること。
「(素材が)とくに天然のものだったりすると、シンプルに仕上げるのってけっこう難しいですよね。(ランドスケープの)木を使った家具も(オクターヴの)革の小物も、その部分では一緒のような気がします」
「オクターヴ」のサンプルを見せると、子どものように目を輝かせながら、ひとしきり見たり触ったりする中原さん。
「こんなふうに、所有したいという気持ちを触発してくれるものって、いいですよね。自分たちもの作りにおいてそのことはよく考えているので、すごく共感します」

取材・文:山村光春(Bookluck)

shin_nakahara

中原 慎一郎
Shinichiro Nakahara

1971年、鹿児島県生まれ。ランドスケーププロダクツ代表。オリジナル家具等を扱う「Playmountain」、 カフェ「Tas Yard」、 コーヒースタンド「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」、子供のためのレーベル「CHIGO」を展開。 また住宅/店舗のデザイン業務、イベントプロデュース/ディレクションを手がける。 2012年より「Shibuya Hikarie ShinQs」内のイベントスペース「Craft Bureau」のディレクターに就任。 2012年9月には「IMS × Casa BRUTUS みんなでつくる九州案内」のプロデューサーを務めた。 2012年11月にはアート/プロダクトディレクションを手がけた香りのブランド「M tree」が発売。 2013年8月31日には鹿児島県南九州市にて開催される「グッドネイバーズ・ジャンボリー」の実行委員をつとめる。

http://www.landscape-products.net